2017年 07月 20日
目の前の自然にわたしをみる ~ビジョンクエスト
ビジョンクエスト中、ホワイトイーグルウーマンとお話しをする時間。
彼女は、いつも、どんなこともあなたが望むなら。
あなたがしたいようにしたらいいのよ。

それが必ず根底にあって、そして、それを何度も会話の中でも聞きました。

4日目。
彼女は、はじめて、have to (~しなければならない)を会話の中で使いました。

「あなたは、自分をこの自然に映さなければならない。
自分をこの自然の中にみなければならない」

そこまでの3日間の間に、
わたしはこれまでにないほど、
この大自然、わたしが今いる地球。
その繋がりを感じていました。

私の内側が呼びかければ、それに呼応するように、
天候がかわったり、動物、鳥、虫、樹、石が応えてくれて。

わたしを、この目の前の自然に映す。。。?

まだ、わたしが、内側で一番求めていること、
そのためには、何かがまだあるんだ。

その日一日、ずっと
「自分を自然の中にみるって。どういうことなのか?その意味って何だろう?」
この問いを繰り返していました。

VQ中の最後の夕陽が沈む時間。

その日はいつもとは違った過ごし方をしていました。

自分のこれまでを振り返り。
すべてをまるごと受け入れながら
そして、新しい自分の誕生を感じていて。

その時に目の前にみえた
美しい夕焼け。どこまでも広がる景色。

その美しさに圧倒されながら、
これは、わたしだ。
と感じたんです。

私は、今目の前に自分の美しさをただみていて。
そしてそれに心が震えている。
全身が震えている。

それは、日本にいても、どんな時でもみていたこと。
いつも、いつも、わたしは自分の美しさをみて、そして感動していたこと。

そして、どんな人でも、美しい景色を目にしたとき、
そこに心動かされているのは、
ただ、その人が、そのひとの奥に知っている、その人自身に
感動しているんだ。

ってことが、
波のように押し寄せてきて






f0091183_21170084.jpg
これが一番書きたくて、そしてようやくかけました。
VQが終わって、StarDanceをあとにした日の朝日。







[PR]

by hananone | 2017-07-20 00:47 | ビジョンクエスト


<< あとがき~ビジョンクエスト      愛された記憶 >>