2016年 06月 28日 ( 1 )

2016年 06月 28日
くまのコールテンくん
f0091183_16443974.jpg


長女が好きでよく読んだ絵本。
「くまのコールテンくん」 ドン=フリーマン さく

デパートのおもちゃ売り場にいた くまのコールテンくん。
リサはコールテンくがほしい。というのですが、
ママがボタンが取れているのをみつけて、やめておきなさい。と言います。

ズボンのつりひものボタンが取れていることに気が付いたコールテンくんは、
夜中のデパートをボタンを探しにでかける、ちょっとドキドキ冒険ストーリー。
結局、見つけられず、警備員のおじさんに、売り場に戻されるのですが、
翌日、リサはお小遣いをもって、コールテンくんを連れに戻ってきます。

家に帰ったリサは、コールテンくんにボタンをつけてあげるのですが、
その時のリサの言葉がとっても素敵♡
「あたし、あなたのこと このままでも すきだけど、
でも、ひもが ずりおちてくるのは、きもちわるいでしょ。」

そして、最後、リサがコールテンくんをぎゅっとだきしめるシーンで終わります。

長女は、いつもこのお話しを読んでもらうと、嬉しそうな、心から安心したような
表情をしていて、わたしはその様子をみるのが好きでした。

一時、ヒーリングをするのが、嫌になったことがあって、
それは、今の自分を、今、受け入れられないの?!という思いが湧いてきたから。
でも、ヒーリングは決して、今の自分を拒絶することではなくて、
そのまままるごと、受け入れる。そうして初めて癒しががおこる。
この何カ月かで、このことが、まわりまわって、もう一度、
はっきりと自分で認識できるようになって、
また一つ階段をあがったように感じていました。

そして、先日、久しぶりにこの本を開いて、
リサのセリフ、この気持ち、
ヒーリングと同じだなぁ。って。

このままで、大好き。その気持ちからヒーリングがおこる。


ハートから生きるを応援するHANANONE活動しています。→♡♡♡







[PR]

by hananone | 2016-06-28 16:49 | HANANONEにっき